PR
Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    健康年齢
    0
       厚生労働省が2012年の日本人の平均寿命を発表しました。

      男性は79.94才
      女性は86.41才

      女性寿命は2年ぶりに世界一になりました。

      厚生労働省は「日本人の平均寿命はまだ延びる可能性がある」と言ってます。


      大変喜ばしいニュースではありますが反面ここまで長生きして健康なお年寄りは
      何%?と思います。
      私もすでに50代後半^^:
      気持は若いつもりでも身体は正直。
      スポーツなどやろうものなら数日後筋肉痛そして後々まで響きます(笑)

      あくまで私の個人的な意見ですが長生き出来るのは喜ばしい事ですが
      70〜80代まで生きられたとして、あっち痛い・こっち痛い、
      病院のはしごの日々、そして寝たきり・自分の名前すらわからない・・・
      病気で苦しみ呆けてまで長生きはしたくないな〜が正直な感想です。

      そういうことを言っている人間が一番長生きするのかもしれませんが^^:

                     
                 まさやん    
      posted by: まさやん&花 | 一言 | 08:44 | comments(3) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 08:44 | - | - | - |
        あ〜それ 誰かも言ってた
        長生きでも 「健康で長生き」が
        一番いいよね!って
        実際 80代90代でも(見た目)
        元気にされてる方って いますよね
        | おっちゃん | 2013/07/26 10:43 AM |
        本当ですねぇ
        ちょっと話はそれてしまいますが、まだ自分の足で病院めぐり?ができるうちはいいとして、

        意識がない状態(植物状態)でも生かされるのはどうなのか。
        医療費ばかりがかさむのはどうなんでしょうか?
        安楽死についても真面目に考えてもいいかも知れませんね。
        | たける | 2013/07/26 11:07 AM |
        おっちゃんへ

        うん
        確かにいます!

        仕事で背筋ビシリ!まだ80前後?と思って話をしていたら「私は大正○年、90何才」
        健康そのもの!のようなお年寄りもいます。
        だけどそういう人は1%にも満たないのでは?
        大半のお年寄りの方々はイタタ・・・と言いながら乗ってきます。
        「医者からもらう薬でお腹一杯になる」
        などと笑えない話も聞きます。
        同年代のお客からもこれから数十年後の未来を考えると、あまり長生きしたくないね〜って声多いです。

        たけるさんへ

        本当ですよね。
        植物人間になって人工呼吸器をつけて意識もなくただ息をしているだけ。
        そんな状態になってまで生きていたくないですね。
        私も数年前、脳梗塞になった時、奇跡的にも軽症で済み後遺症も残らず元気で過ごせてます(悪運が強い?^^:)
        もし後遺症が残り人工呼吸器や重度な後遺症が残ったら安楽死を望むな〜

        医療技術が進歩するのはいい事ですが反面自然に逆行しているような。
        草木もそうですよね。
        新芽が出て花が咲き寿命が近づけば萎れてきてやがては枯れる。
        そして土に還る。
        現代人はあまりに長生きし過ぎ?
        | まさやん | 2013/07/26 6:28 PM |









        この記事のトラックバックURL
        http://masayanhana.jugem.jp/trackback/210
        トラックバック