PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    季節外れの開花
    0
       友人から驚きのメールが来ました。

      「我が家の紫陽花が開花した?!」



      私は植物はあまり詳しくはありませんが今の時期、開花しませんよね。
      気候も異常気象続きですが自然界も異常?

                   まさやん
      posted by: まさやん&花 | 自然・環境 | 19:34 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
      地球は誰のもの?
      0
         今日の東京の最高気温は36.7度!
        ここ数日少し涼しくなってほっとした身体には応えます。
        近所のニャンコもぐったり!



        猫:暑くてたまんないニャ〜


        年々暑さは激しくなる一方。
        日本だけでなく世界各地で異常気象の連続。
        これも地球温暖化が1つの原因なんでしょうが今の地球は大きな
        大転換点に入っているのでしょう。
        人間がこの先も自然破壊・環境汚染そして便利さ・快適さを追求して
        いけば間違いなく地球から天罰が降るでしょう。
        そして地球上には人間だけが住んでいるわけではありません。
        写真の猫そして沢山の動植物達がいます。
        この暑さ、動植物達にはな〜んの責任もありません。
        地球46億年の長い歴史の中で新参者に等しい人間が地球の環境を
        激変させたのです。
        自然に優しく共存共栄こそ人間がこの先地球で暮らしていく方法だと
        思います。

                  まさやん     
        posted by: まさやん&花 | 自然・環境 | 17:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        序章
        0
           今日の朝刊国際面に

          「がんの村」原因は川汚染
          中国政府が初認定

          http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/life/20130814-567-OYT1T00202.html

          中国を代表する大河地域でがん患者が続出。
          中国政府が水質汚染と発がんの因果関係を初めて認めました。

          私は前にもこういう記事を書きました。

          http://masayanhana.jugem.jp/?eid=207

          私達も今まで知らず知らずのうちに中国産の食品を沢山口にしてきました。
          気づかなかっただけで・・・
          これから数年後には更に被害は拡大するのではないでしょうか。

          今更遅いですが私は中国産の食品は絶対買いません!

                   まさやん

          posted by: まさやん&花 | 自然・環境 | 09:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          炎暑列島
          0
             今日、高知の四万十市で最高気温の記録を更新しました。

            http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0812/mai_130812_1903402677.html

            41度といったら風呂の適温?

            ちなみに明日の東京の最高気温予報は33度。
            それを聞いて、あっ明日は楽だな〜と妙な気持になりました。
            つい20年くらい前までは夏の東京33度も上がれば暑い!と思ったのに。
            これも地球温暖化そして人間が便利さ・快適さを追求していったためのツケ
            でしょうか。

            これから10〜20年先の日本・世界はどうなっているんでしょう。
            夏は40度当たり前。
            35度だと「今日は楽だね〜」なんて会話があるのかも?

                       まさやん
            posted by: まさやん&花 | 自然・環境 | 18:08 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
            中国海洋汚染
            0
               昨日(6月22日)の読売新聞朝刊国際面に

              「汚染村」放棄進む 中国各地

              そういう記事が載っていました。

              ふと思い出し確か似たような記事を書いた・・・と思い過去のブログ記事を
              調べたのですがない???
              それとも勘違いか???
              不思議ですが再度写真を掲載します。

              中国海洋汚染

              写真は中国上海付近の衛星写真です。
              沿岸部分の濁っている色は汚染されている海です。

              昨日の新聞記事にも

              水銀・鉛など深刻化。
              全住民が移住。
              住民の配慮を装う一方で汚染源の工場や鉱山の操業は続いている。
              地方政府の本音は鉱山開発や工場から得られる経済利益の優先にあり
              住民の生活は置き去りにされている。

              2009年、マンガン精錬所付近の児童1300人以上が鉛中毒。
              化学工場の汚染で2009年までに住民500人以上の尿からカドミウムを検出。
              銅精錬所の排水汚染、住民の血中から基準を超えるカドミウム検出、
              2012年までに3村が集団移住。
              2011年、電池工場の汚染で168人の血中の鉛が基準値を超える。
              2012年、鉛・亜鉛精錬所周辺で329人の血中の鉛が基準値を超える。

              ※新聞記事をそのまま書き写しました。

              私は前にも確か書いた記憶があるのですが(まだ不思議?)
              中国は経済発展とともに環境汚染も進んでます。
              上に書いた環境被害はまだ表面的なものだけでしょう。
              実際にはまだ深刻な環境被害があるはずだし、これから数年先にはもっと
              深刻な被害が出ると思います。
              「鉛」といったら体内に入ったら一生消えない恐ろしい代物。
              日本でも昔、水俣病という悲惨な公害病がありました。

              日本のすぐ近所の海域がこれだけの汚染。
              私達は普段スーパーや外食などで美味しい美味しいと食べている食材の
              中にも中国産の食べ物があると思います。
              知らず知らずのうちに私達の身体に水銀や鉛が蓄積しているのではないでしょうか。

              先日プライベートな事ですが中国人の本性を知り中国人が信用出来なくなりました。
              「自分さえ良ければいい」
              この一言に尽きます。
              こんな調子で国絡みで汚染を続けていったら・・・
              恐ろしい国です。
              アメリカがこの先、中国に抜かれ?中国が世界の覇権国家になった時世界は
              どうなるのやら。

                        まさやん       
              posted by: まさやん&花 | 自然・環境 | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              明日は我が身
              0
                 先日、都心で見かけたカエル。

                東京で見かけたカエル

                私が子供時代(昭和30年代)は東京にもカエルやトカゲ・ザリガニ・・・
                いろんな生き物達がいました。

                先日久しぶりに東京で大きいカエルを見つけて、とても嬉しい気分でした。

                人間は暮らしそして便利さを追求して自然を破壊してきました。
                除草剤をまいたり小動物が暮らしにくい環境にしたり・・・
                私達人間はまるで地球を支配しているかのように見えます。
                だけどそんなのは大嘘!
                世界各地などで凶暴なウィルスによって致死率の高い病気も続発してます。
                これも人間が自然を破壊し今までジャングルなどに静かに暮らしていた
                ウィルスが人間社会に復讐しているのではないでしょうか。

                東京も小動物達にとって住みづらい場所。
                それは見方を変えれば人間にとっても住みづらい場所。
                いつかしっぺ返しが来ます!

                               まさやん
                posted by: まさやん&花 | 自然・環境 | 09:54 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
                序章
                0
                   春になり桜も咲き出し、いい季節になりました。
                  本来なら家の窓も開け春の空気を深呼吸・・・といきたい所ですが
                  花粉症の身にとっては辛い季節。
                  昔はこんな病気はなかったのに現代病というか公害病ですね。
                  病名こそ「花粉症」となってますが植物の花粉だけが原因ではなく
                  自動車の排気ガスやいろんな化学物質などが体内に入り複合的な
                  原因があるのでは?と素人ながら思ってます。

                  そして今、花粉だけでなく中国からやっかいな代物が飛んできてます。
                  黄砂にPM2.5
                  特にPM2.5は有害物質とか。


                  PM2,5

                  PM2.5はとても小さい物質。

                  PM2.5は非常に小さいので人体の防御機能でブロック出来ない。
                  そのため肺や血液に直接侵入してくる。

                  ある本に書いてあった文章を書き写しました。

                  市販のマスクも通り抜ける代物。
                  今書いている間にも中国から飛来しているのでは?と思うとある意味原発の
                  放射能よりも怖い!って思います。
                  しかしPM2.5は序章にしか過ぎないでしょう。
                  中国国内では化学工場から産業廃棄物を平気で川や海に垂れ流してます。

                  http://sound.jp/sodaigomi/ch/bokkai/bokkai.htm

                  中国の東シナ海側にある場所は死の海と化してます。
                  昔は沢山の魚が捕れ最高の漁場でした。
                  今では一匹の魚すらいないというのが現実です。
                  いつか中国版水俣病のような深刻な公害病が出るのではないでしょうか。
                  私達も普段口にしている食事などでも知らず知らずのうちに中国産の食品を
                  口にし体内に化学物質が蓄積しているのでは?と思うと外食なども何を信じて
                  食べればいいか考えてしまいます。

                  今、話題になっているPM2.5も石炭が原因とか。
                  しかし中国そして近隣諸国だけの問題ではありません。
                  中国が経済発展のため、更に石炭そして化石燃料を使えばCO2 が大量に
                  発生し地球規模で温暖化が加速され人類にとって死活的な問題になります。
                  だからといって原発に切り替えろ!とも言いたくない。
                  今の環境問題、国レベルではなく地球規模で考えなければいけない重要
                  課題だと思ってます。

                                   まさやん

                  posted by: まさやん&花 | 自然・環境 | 12:06 | comments(4) | trackbacks(0) | - |
                  天空からの脅威
                  0
                     数日前のロシアに落下した隕石はすざましい破壊力でした。
                    今回、不幸中の幸いだったのは上空20キロくらいの所で空中爆発したので
                    この程度の被害で済みました。
                    もし・・・
                    上空5キロ未満の所で爆発したら街の1つや2つ、軽く消滅するくらいの衝撃破
                    だったでしょう。
                    そして今回の落下場所の近くには核関連施設もあります。
                    またもや核の恐怖に怯えたかもしれません。

                    さて隕石は何処から来るのでしょうか。

                    太陽系図

                    火星と木星の間にある小惑星帯から長い旅を経てやってきます。

                    地球には相当数の隕石が落下してると言われてます。
                    その大半数は直前まで予測不可能とか。
                    もし今回の隕石が大都会に落下などしたら大惨事どころでは済みません。
                    恐竜が6550万年前に絶滅した原因は隕石という説が出てます。

                    http://ja.wikipedia.org/wiki/K-T%E5%A2%83%E7%95%8C

                    人間社会は宇宙から見たら小さな事で各国間でトラブルを繰り返してます。
                    世界各国は科学技術を総動員して隕石落下予測技術を研究すべきです。

                    もっと怖いと思っていることは・・・

                    私達、地球上の生命の起源は宇宙からやってきたのでは?という説です。

                    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E5%91%BD%E3%81%AE%E8%B5%B7%E6%BA%90

                    今も宇宙から地球に向かって小さな隕石・彗星が向かっているかもしれません。
                    宇宙空間という極限の厳しい環境空間に生きている細菌・ウィルスがあるかもしれません。
                    現に原子力の中で生きている菌もいるのが事実ですから。
                    これから落ちて来る?かもしれない宇宙からの使者の中に菌・ウィルスが潜んで
                    いて地球上で突然変異して人間に感染したらどうなるでしょう。
                    ストーリーこそ違いますが小松左京氏の復活の日になりやしないでしょうか。

                    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A9%E6%B4%BB%E3%81%AE%E6%97%A5

                    人間は核実験・領土紛争に明け暮れず、いつ来るかわからない脅威に備えて
                    対策を取るべきです。

                                 まさやん


                    posted by: まさやん&花 | 自然・環境 | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    ツングースカ大爆発再来か?
                    0
                       1900年代初めロシアに謎の大爆発がありました。

                      隕石

                      http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%AB%E5%A4%A7%E7%88%86%E7%99%BA

                      そして今日ロシアで再び隕石が落下!
                      負傷者多数の大惨事です。

                      http://sankei.jp.msn.com/world/news/130215/erp13021516090003-n1.htm

                      北朝鮮の核も怖いですが人間は自然の前では無力ですね。

                                   まさやん
                      posted by: まさやん&花 | 自然・環境 | 17:36 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
                      コンクリートから土へ
                      0
                         東京     

                        これから夏本番だというのに容赦なく暑い!

                        まるで目玉焼きの心境。

                        フライパンに水を少量入れて蓋を閉められ、ジュ〜!みたいだ(笑)


                        東京を含め、都市部は高層ビルそして地面はアスファルトばかり。

                        土が欲しい!

                        そう思うのは私だけ?

                                    まさやん


                        posted by: まさやん&花 | 自然・環境 | 11:11 | comments(6) | trackbacks(0) | - |