PR
Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    TPPと黒船 2
    0
       何度も言いますが難しい話は出来ません。

      野田総理がTPP交渉参加表明を決断しました。
      今も賛成・反対が暴風雨のように吹き荒れてます。
      賛成の人の意見、反対の人の意見を新聞・テレビで見聞きして、どちらにも
      言い分あるなと思ってます。
      農業1つとってもあまりに深い問題。
      21分野と裾野が広ければ1年や2年の議論では結論は出ないと確信してます。
      その中、野田総理の決断は勇気のある決断だと思いました。
      私は交渉参加には賛成です。
      TPPに入るかどうかは条件しだいです。

      仕事柄、日本の真の景気が肌で感じられます。
      いろんな職業の方と接し、いろんな街の空気・・・
      景気指数とか、難しいデーターはわかりません。
      今の日本の景気、私なりの判断ですが前にも増して人・物・金が全然動いてません。
      リーマンショック以降、目に見えて人・物・金が動かなくなりましたが、ここ数日
      ひどい状態です。
      国民の心理としてアメリカが息切れ状態。ヨーロッパはギリシア・そしてイタリア危機。
      もしかしてアメリカに飛び火?
      そういう不安で更に世の中にお金が回ってないのでは?
      日本もこれから更に少子高齢化社会。
      円高などで企業は更に海外へ出ていくでしょう。
      日本は内需拡大を推し進めようにも、この状況の中では昔のように高度経済成長は
      望めません。
      日本が生き残る道は第2の開国しかないのでしょうか。
      メリット・デメリットはどんなことにもあります。
      これから日本がアメリカと交渉して特に打撃を喰う農業は条件付きで交渉。
      まずは交渉参加ではないでしょうか。
      交渉する前から、ただ反対!反対!では何も前に進みません。
      今の日本の状況、私の勘ですが待ったなしの状態です。
      これに乗り遅れたら日本は世界の片田舎になってしまうでしょう。
      これだけの大きな国策問題、常に反対が大きかったような感じがします。
      例えば、日米安保条約。
      この時もデモ隊と機動隊の激突をテレビで見た記憶があります。
      子供時代だったので詳しいことはわかりませんが反対勢力のほうが多かったのでは
      ないでしょうか。
      だけど今の日本を取り巻く環境。
      ロシア・中国・北朝鮮に囲まれ、もし日本単独だったら完全になめられているか、
      侵略されているか、または日本の軍事を増強するため防衛費が増大し国民生活に
      多大な影響があったと思います。
      日本全国各地、米軍基地というデメリットもありますが今にして思えば日米安保は
      正解だったと思います。
      TPPも反対勢力のほうが多いです。
      今回の野田総理の勇断には拍手を送りたいと思います。
      歴史が証明するでしょうが10〜20年後TPPは正解だったと願ってやみません。

      10〜20年後日本のみならず世界全体、大きく様変わりすると思います。
      幕末の黒船来航から10数年後、日本は大きく変わりました。
      歴史は繰り返すじゃないけど大きな激動の時代です。
      私はTPPに関しては前向きに考えていきます。

                               まさやん
      posted by: まさやん&花 | TPP | 09:27 | comments(5) | trackbacks(0) | - |
      TPPと黒船
      0
         今盛んにTPP(環太平洋経済連携協定)の記事がのってます。
        新聞やテレビで解説者の記事を見ても、あまりに裾野が広すぎて
        私の頭では理解できません(汗)
        ただ今回のTPP問題、徳川幕府時代の1853年の黒船と似ているような感じがします。
        1853年6月3日、久里浜に日本人が見たこともない巨艦4隻が現れました。
        ペリー提督率いる黒船の来港目的は我が国との通商。
        今の政治・経済関係者たちのように開国反対・賛成議論が幕府内で対立したようです。
        議論の末、翌年幕府の粘り強い交渉で限定的開国になったようです。
        黒船
        新聞を見ると与党内でも賛成・反対意見。
        野党自民党は民主党政権の対応を批判するだけで自民党内での賛否の発言はしてない。
        批判するだけで要はもと与党の自民党でもまとまらない。
        あとは野田総理の決断でしょう。

        これはあくまで私の勘です。
        私は条件付きでTPP参加に賛成です。
        週刊誌などを読んでも悲惨な日本の未来像が書かれたりしてます。
        本当なのかどうか?
        これだけ裾野が広ければメリットもあればデメリットもあるでしょう。
        まずは交渉に参加して日本の不利にならないよう各国と議論すれば良いと思います。
        交渉にも参加せず、ただ反対!だけでは子供の駄々と受け取られます。
        今の日本は少子高齢化が進み人口も減少。
        昔のように高度経済成長など望めません。
        ある政治家が内需拡大を推し進めるべきだ!と記事がありました。
        何を根拠に反対意見を言ったのでしょうか。
        そういう私も経済音痴。
        TPPの記事を書くこと自体、無謀ともいえます。
        「ど素人が何を言うか!」と怒られるかもしれません。

        ただ今の時代、幕末維新の時代と似ているような・・・
        激動の時代です。
        10年か20年か先、少なくとも日本の暮らしが変わっていくような。
        良い方向へ向かってほしいものです。
        今の政治家もなんだか頼りない。
        もっとしっかりしてほしいけど若い人達にも真剣に日本の未来を語ってほしい。
        幕末維新のように坂本龍馬のような若人よ、出てほしい!

                              まさやん
        posted by: まさやん&花 | TPP | 16:06 | comments(3) | trackbacks(0) | - |